【画像付き】HDDをSSDに換装したよートラブル対処メモー

長年使っていた「ALIENWARE Aurora R4」のHDDが遂にというか、不良セクタを吐き出し、フリーズの回数も増えてきたのでいっそのことSSDに交換して快適な環境に整えようとしました。

ほぼ毎日使用して約5年経ったので、まぁよく頑張ってくれたんじゃないかなと思います。

色々調べながら換装を行ったのですが、作業途中に数々のトラブルに見舞われたので、備忘録として残しておくと共に、同じようなトラブルで困っている方の参考に少しでもなれば幸いです。

基本的なバックアップの仕方から今回の手順を追っていくので、不要部分は飛ばして読んでください。

  • まずやりたかったこと

動作が怪しくなっているHDDの現在の環境をそっくりそのままSSDに移し変えたい。

ただこれだけです(こんなに大変だとは・・・)。

まずは当然ですが、移し変えるためのデータを保存しましょう。

説明は自分がWindows7なので、それ前提の説明になりますが8や10でも基本的には同じ操作になると思います。

  • バックアップを取る

普段から外付けHDDにバックアップは取ってあったのですが、改めてデータを移します。

Windows標準機能でまずバックアップを行います。

自分の環境を書くと、このパソコンにはOSやシステムファイルなどの入ったCドライブ(500GBHDD)と、データを入れておくためのEドライブ(1TBHDD)が内蔵されています。

SSDに移したいのはOSやシステムファイルが格納されているCドライブだけなので、あらかじめバックアップのあったEドライブは今回バックアップしません(めっちゃ時間もかかる)。

左下のスタートから「コントロールパネル」をクリック→「システムとセキュリティ」内の「バックアップの作成」をクリック→少し下のほうにある「スケジュール」付近の「設定の変更」をクリック

ここでまずバックアップ保存先の外付けHDDを選択して「次へ」

バックアップの内容を自分で設定したいので「自分で選択する」にチェックを入れて「次へ」。よくわからなければ自動選択でもたぶん大丈夫。

データファイルには両方ともチェック、コンピュータの項目からはOS(Cドライブ)のみチェックを入れます。

時間はかかりますが、すべてバックアップしたい場合や、事前にバックアップがない場合はすべてにチェックを入れておくのが無難です。

設定が終わったら、設定の保存を行い、次の画面で「今すぐバックアップ」をクリックしてしばらく待ちます。これは容量によって変わりますが、結構な時間待たされます。

(自分は4時間~8時間くらい待ちました)

  • リカバリディスクの作成

ここまできたら、リカバリディスクを作成します。

これはデータの復旧がうまくいかなかった場合に初期化させたり、破損したシステムを復旧させるために使います。

今回のようにデータを移しかえる作業を行う場合は必ず作成しておきましょう(無いとあとで取り返しがつかなくなってしまう可能性があります)。

メーカー製パソコンの場合、最初の付属品にリカバリディスクがある時があります。この時はそれを手元に置いておけば大丈夫です。

自分の場合はALIENのいわゆるBTOパソコンだったのでALIENのツールを使って修復ディスクを作成しました。

こんな画面。「リカバリメディアを作成」から作りました。

これで工場出荷時の状態に戻すことができるディスクが完成です。

他メーカーのPCでも工場出荷時の状態に戻すディスクが作成できるツールか付属品があると思います。無い場合は購入時に自分で作っておく必要があるのですが、見当たらない場合は先ほどのバックアップを取った画面(システムと復元)の左側メニューに「システム修復ディスクの作成」があるので、ここで作っておきましょう。

  • クローンを作る

ここまで出来たらいよいよデータの移行を行います。

今回は丸々コピーを作りたいので、そっくりそのまま移したクローンを作ります。

これにはフリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free」を使用します。

ソフトの使い方は以下のリンクを参考にしましたので、そちらをご覧ください。

【2017年版】HDDからSSDに交換・換装しよう!手順・データ移行ソフトまとめ!

※2017/03/30 追記

EaseUS Software 公式ページ様よりコメントいただきました!

ありがとうございます。

EaseUS Software日本語公式ページ

より詳細なソフトの内容はこちらから

  • いよいよSSDとHDDを入れ替え!しかし・・・

上記の要領でクローンを作成したらHDDとSSDを入れ替えます。

サイドパネルを開けて・・・

開け方も最初わからんかった笑

右下にあるHDD格納スペース(シャドウベイ)を見ると・・・

合計4つのトレイがあって、右側の上段と下段にHDDが入っていました。

上段のほうが2.5インチHDDでCドライブに割り当てているほうのHDDです(見えないけど)。

実際にはこの左側の上段にSSDを差し込んでクローンを作成しました。

本来はSATAケーブルでマザーボードとSSDを繋ぐのですが、このALIEN Auroraはトレイ奥に端子があって、そこに差し込めばHDDやSSDを認識してくれるようになっていました。

なのでSATAケーブル買ったのに使わなかったです。

いずれ使うでしょうから大事に持っておきます。

右上段のHDDをトレイから抜きます。

トレイに固定された2.5インチのHDDが出てきました。

これとSSDを入れ替えて電源オン!

・・・・立ち上がらない。

テンパって写真を撮り忘れましたが、たしか英語で「起動するためのディスクなりHDDが見つからないよ」って出てました。F2を押せばBIOSの設定画面には行くのですが、特に異常はなく。BIOSを見ると差し替えたSSDもちゃんと認識してくれてました。なぜ動かない!?

結論からいうと、「EaseUS Todo Backup Free」によるクローンが失敗していたようでした。ネットで検索すると同じような方も多いご様子。ちゃんとフォーマットもMBRでやったのになー・・・

途中、BIOSのバージョンが古いせいかもしれないと思い、そちらの更新も行いましたがまた別のエラーが出て起動できなかったり、危うくマザーボードが逝きかけたり・・・。

エラーコードは0x0000・・・みたいなやつで(うろ覚え)、内容は起動するためのシステムが見つかりませんでしたというような内容だったはず。

なんとかBIOSは復旧はしたものの(電源入り切りした)、相変わらずSSDを認識してくれず。

しかし、失敗しているなら仕方ありません。

別手段でいきましょう!

  • 一度、SSDをリカバリディスクで初期化する。

頭に浮かんだプランはこうでした。

SSDをリカバリディスクで工場出荷時のデータに書き換える→その後、バックアップしたシステムイメージから元々の環境を復元する。

クローンで何とかするより、この手段を取ったほうが早そうだ、との結論。

BIOSの起動順をCD/DVDを先頭にしてリカバリディスクを入れて再起動。

メニューにしたがって工場出荷時のイメージを選択→実行。

なぜか一度では上手くいかず、同じ操作を二回するとうまくいきました

これで余計なものがほとんど何も入ってない状態(購入時)のSSDが完成しました。

あとはシステムイメージから復元するだけです。

  • システムイメージからの復元が・・・

以前、一度パソコンの挙動がおかしくなったときにシステムイメージからの復元は行ったことがあったのでここまできたらあまり心配はしていませんでした。

しかしここにも罠がありました。

システムイメージからの復元は下記の手順で行います。

まずバックアップを使ったときと同様の手順でシステムと復元の画面までいきます。(コントロールパネル→システムとセキュリティ内の「バックアップの作成」をクリック)

一番下の「システム設定またはコンピューターの回復」をクリック

この下のほうにある「高度な回復」をクリックします。

「以前に作成したシステムイメージを使用してコンピューターを回復する」からあとはメニューに従って進めるだけです。

途中でバックアップするかどうかを聞かれますが、現状空っぽのSSDにバックアップするものはないので、ここはスキップ。

再起動のボタンをクリックすると、あとはちょっと待つだけでシステムイメージからの回復画面にいきます。

あとは外付けHDDにバックアップしていたシステムイメージを選択してウィザードに従うだけです。以前はこれで復元ができたのですが・・・

「このコンピューターを復元するには、現在Windows回復環境を実行しているドライブをフォーマットする必要があります。復元を続行するには、このコンピューターをシャットダウンし、Windowsインストールディスクまたはシステム修復ディスクから起動して、復元を再試行してください。」

こんなメッセージが出てきて先に進むことができません。

あれ?以前はこんなメッセージ出なかったはず・・・

まぁ修復ディスクを入れろというならそうしましょう。

ディスクを入れて、いったんキャンセル。

自動的に再起動。

・・・普通にWindowsが立ち上がってしまったんですが?

再度、高度な回復から先ほどの画面に行くも、やはり先に進めず。

というかディスク入れてるせいで、また工場出荷時のイメージに戻しちゃったんですけど!

こんなこと数回繰り返したあと、「このコンピューターを復元するには~・・・」のメッセージが出ている画面で「修復ディスクがなければここで作成することも出来ます」というメッセージが出ているのが気になりました。

すでに修復ディスクはあるから、このメッセージは無視していたんですが・・・。

ふと気になり、「ディスクの作成」をクリック。

ここで新たな「修復ディスク」二枚目を獲得しました。

試しにこいつで再起動をかけてみます。

・・

・・・あ、いけた。

そうなのです。ボクが使っていた修復ディスクは

この画面で作成したものです。

つまり工場出荷時の状態に戻すけど、一緒にALIENのツールとかも入れとくよ、というやつです。ALIENのPCなのでまぁ当たり前です。

対して二枚目の修復ディスクは「Windowsのみの修復」というべきか、ALIENとかメーカーとか関係ないよ、Windowsの起動だけに必要なやつだったわけです。

わかりやすく書けないんですけど、システムイメージの復元を行う際にはこっちが必要だったわけです。

これでシステムイメージの復元を行うことが出来ました。

お約束のように一回目の復元だと一部のプログラムが消えたままだったので、もう一度同じ操作をしたところ、完全に元の環境に戻ることができました。

  • SSDマシンの完成

というわけでSSDをチェックすると

いろいろとトラブった割にはちゃんと健康でいてくださいました。

今回の手順ですがクローンがうまくいけば、換装した時点でちゃんとうまく動作してくれるそうです。

運が悪かったといえばそれまでですが、うまくいかない方も相当数いるようなので相性問題なのかもしれませんね。そもそも換装しなければいけない時点でHDDは大分ダメージを受けているはずなので、すんなりうまく行くほうが珍しいのかもしれません(ボクはそう思うことにしました笑)

話には聞いていましたが、SSDはとても快適ですね!

今までのプログラムも快適に動きますし、何よりフリーズしないのはストレスがまったく溜まらないです!手間はかかってしまいましたが、最終的には目的も果たせましたし、補って余りある快適さなので是非、HDDの方はSSDへの換装を検討してみてください。

長文になりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

自分の対処が少しでも参考になれば幸いです。

何かありましたらコメントをくださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. EaseUS より:

    ニコホリ放送局 管理人様

    お世話になっております。EaseUS Softwareです。

    突然のコメント、失礼致しました。

    御サイトで弊社の製品をご紹介頂きまして感謝しています。

    この記事を拝読した後、ちょっとお願いしたいことがございますが、宜しいでしょうか?

    より詳しい内容をお読みになりたいユーザーのために、お手数ですが、記事中のEaseUS Todo Backup Freeに下記の日本語公式ページをご追加頂けませんでしょうか?

    http://jp.easeus.com/backup-software/free.html

    お忙しい中ご無理申し上げまして大変恐縮でございますが、ご検討頂けば幸いに存じます。

    どうぞよろしくお願い致します。

    • ホリット より:

      EaseUS Software様
      お世話になります、当サイト管理人のホリットと申します。
      コメントありがとうございます。

      拙文を読んでいただき誠にありがとうございます。
      ご提案いただきました内容ですが、承知しました。
      記事中にURLを追加させていただきます。

      より多くの方の問題解決に繋がれば、と思います。
      素晴らしいソフトウェアの開発に感謝いたします。

      今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

コメントの入力は終了しました。